合同会社のメリット

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は合同会社の設立のメリットについてお話します。

 

 

合同会社と株式会社の違いは

1設立の手間と金額。
2定款で会社仕組みについて変更可能。
3出資の違い。
4社員になれるもの。

これらが合同会社と株式会社の違いです。

 

 

では合同会社のメリットは

まず設立の手間と金額の違いです。

株式会社の場合には手数料として

定款作成のために印紙代4万円と定款認証手数料5万円+その他費用数千円(電子定款の場合には4万円を省けます)、

登記手数料15万円+その他費用数千円で、

合計24万数千円(電子定款の場合には20万円と数千円)です。

 

 

合同会社の場合には

手数料は定款の作成のため、印紙代4万円(電子定款の場合には4万円は省け、費用は掛かりません)、

登記費用として6万円+その他費用数千円、

合計10万円(電子定款の場合には6万円)とス数千円です。

 

 

見ていただければわかるように、

設立に14万円も違うのです。設立時はどうしても、お金がかかりますので、そこで14万円は大きいです。

さらに、手間でも公証人役場で定款認証することを考えるとその手間も省けるので、数日早く設立できます。

だいたい、合同会社の場合には登記も含めて1週間くらいあれば設立できるようです。

早く設立したい方は、ご協力いただければ定款は2日で作成できます。

ここで定款は電子定款にすれば、6万円と少しで設立できると思いの方はお気を付けください。

お客様がご自身で電子定款を作ると、電子定款の作成の機器を入れるのに6万から7万円くらいかかり、さらに間違えると補正をしなくてはいけないなどの苦労も増える可能性があります。

 

 

次のメリットは会社の規則を定款である程度自由にできるという事です。

これを定款自治と言います。

どういうことか??

株式会社の場合には会社法という法律にて、かなり厳密に会社の規則は決まっております。

合同会社の場合には、会社の規則は会社法によって決まっているのですが、それを定款で法の規則を緩めたり、

厳しくしたりできるのです。

例えば、会社法で合同会社の社員の退社には事業年度の終了6アか月前には退社する旨を表示することと決まっています。

しかし、これを定款で2か月前に退社の旨を表示することと定めることで、退社のするためには2か月前までには退社表明すればよい事に変えられます。

このように、ある程度の方針・規則を法律の規定と帰ることが可能です。

 

 

これらが合同会社のメリットです。

しかし、もちろんデメリットもあります。

それは次の2点です。

1社員の入社・退社

2出資=社員であるため、投資募るのが大変です。

 

 

ますは社員の入社・退社。

こちらはまず、社員についてお話しなければいけません。

ここでいう社員は皆様が考える(株式会社でいう所の)社員とは異なるのでご注意ください。

株式会社でいう所の社員は合同会社では従業員になります。

合同会社では社員は会社に出資をし、入社したものを言います。

合同会社では社員は役員にあたる業務執行社員になれる人です。

それに対して一般にいう会社の社員というのは雇用契約を締結し、会社に雇用されているだけです。

ただ雇われ、給料をもらう代わりに働く従業員と合同会社の社員は異なるのです。

その社員が入社する場合には出資を会社にします。その後、定款を変更し登記して入社となります。つまり、入社するたびに定款へ公と登記という手間に数万円の費用が掛かります。

逆に退社するときには出資した額を返還し、定款を変更し、登記をするのでかなりの額(何十万から何百万)を会社は支払うのです

とは言え、社員ではなく、あくまで雇用契約のみで従業員を雇う場合には出資・定款変更・登記は必要ありません。なので会社に社員を増やし、役員を増やさなければ問題ありません。

 

 

次のデメリットは投資が難しいという事です。

株式会社の場合には投資は株を発行することで、行います。

しかし、合同会社の場合には投資にあたる出資は先ほど述べましたが、社員しかできないのです。

ゆえに社員になれない方は出資が大変になります。これはやはり面倒ですよね?

会社大きくなった時には少し大変です。

会社を大きくするときには投資は難しいので、借入金の形が多くなります。

株式会社の場合には株式を上場したり、新たに発行することで、株式を買った方からの代金で返さなくも良いお金を得ることができるので、その点ではやはり合同会社にとってはデメリットかなと思います。

しかし、有名な会社にも合同会社はあります。それは西友です。

この会社は合同会社ですが、複数の会社が出資しています。

出資した会社は社員になっています。このように会社が社員になれるので、

子会社や複数の会社が出資して設立する会社の場合にはむしろ向きます。

 

 

以上合同会社のデメリットとメリットです。長いですが、お読みいただきありがとうございまず。

PAGE TOP