歯車が狂うとブラジルでも

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日はブラジルW杯の準決勝ブラジル対ドイツをの試合がありました。
無題 (3)

見た方も多いかと思います。

結果は7-1・・・

すごい結果で衝撃でした。

 

 

そんな結果を予想でした方はいなかったのではないでしょうか?

物事は一つの歯車が狂うと、

大きな流れができてどうしようもなくなる。

 

 

皆様も人生で起きたことが一度はあるのではないでしょうか?

私も何度か経験しました。

 

 

今回のブラジルは正にそうでした。

準々決勝でのネイマールの怪我、

そしてキャプテンでディフェンスのキーマンであるチアゴ・シウバの出場停止。

 

 

ブラジルの中で歯車が狂うと、

それを取り戻せないまま、前半の30分で試合が決まりました。

後は、点を取らなくてはいけないので前に行った結果でした。

 

 

大事なのはリスクマネジメント(危機管理)で、

ネイマールが怪我することも、

チアゴ・シウバが出れなくなることも考えられない事ではなかった。

その時のために、やはりリスクマネジメントをしておくべきだった。

 

 

でも結局できなかった。

そこが勝負を分けたと思います。

ただ、あの結果は予想できるものではないです。

 

 

盛者必衰で、

常に危険を察知することが必要ですね。

PAGE TOP