W杯の終了 ドイツ優勝

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日でW杯が今日をもって終わりました。

サッカー好きな方は寝不足の日々も今日で終わり、明日から普通の日常が続くという所ではないでしょうか?

 

 

私も寝不足気味の日々を今日で終わりました、

最後はドイツの勝利で、優勝しました。

 

 

ドイツがどこのチームよりすごかったのか?

いや、それぞれの国がそれぞれの強さがあり、

ドイツがどこよりも優れていたという訳ではないと思います。

 

 

ただドイツの強さ、穴がないすべてのポジションに良さがある。

その強さが、短期決戦に向いていたという事だと思います。

短期決戦では、控えもレギュラーも戦えるチームでないと厳しい。

そして、どこかだけが強いのではなく、

どこも弱くないチームが1か月という機関の大会には強かった。

 

 

日本は惜しくも、一次リーグ突破できなかったですが、

日本は弱いのではない、スタメンに頼り切った、

ある選手に頼らざるえなかった。そこが、W杯には向かなかった。

 

 

一点突破は、やはりある程度まではいっても、

ある程度までなのかなと思います。

アルゼンチンのメッシのように、その一点突破が凄まじいものなら、違ったのかもしれません。

 

 

結果は簡単に語れます。

でも日本はまだ強くなる、

そう信じること。それが大事です。

 

 

皆様の企業、

皆様の生活も理想を持ち、それを貫くこと、それが大事なのかと思います。

もちろん、私も同じです。

 

 

皆様の生活を少しでも良くなるように、

困ったと思った時に、取りあえず相談できるそんな行政書士になる。

業務だけでなく、何か+αの付加価値をお客様に提供できる行政書士であるように、

そうなれる、そうであり続けられると信じて頑張ります。

PAGE TOP