建設業許可1 建設業許可はなぜ必要?

荒川区の行政書士の荒原です。

今日は建設業許可とは何かを考えたいと思います。

さて建設業許可とはなぜ取る必要があるのでしょうか?

 

以下の場合には建設業許可を取得しなければ、なりません。
・500万を超える工事

・建築一式(家やビルの建設全てを請け負うところ)の場合、1500万を超える請負契約で、かつ木造建築の場合には述べ面積150㎡を超える工事の場合

ここだけを考えると、建設業許可を取得しなくてもできる工事はたくさんあるかと思います。
それでも、取得することをお勧めします。

 

なぜなら昨今、建設業を取り巻く状況は厳しいからです。
以前あった構造計算の偽造、手抜き工事といった問題によって、世間の目が厳しくなっています。
いくら誠実にお仕事をなされていても、それを証明することが必要とされています。
そこで、建設業許可が必要となります。

 

建設業許可とは国の許可でありますが、それと同時に国による証明なのです。
許可を取らなくても業務を行えようとも、許可を取ることで、

「ちゃんとした建設業者である」と国から証明されるのです。

 

ですからこそ、取ることをお勧めします。

ご興味がございましたら、当事務所へご連絡ください。

もっと知りたい方は以下からも、他の建設業許可に関するブログもご覧ください。

建設業許可2基本
建設業許可3経営事項の管理責任者基準
建設業許可4経営事項の管理責任者基準
建設業許可5専任技術者基準
建設業許可6財産的基礎

PAGE TOP