空き家の利用

東京都荒川区の行政書士、荒原哲平です。

今日は最近、活用が求められている空き家の利用についての話です。

無題 (8)

昨日の朝日新聞で自宅を外国人旅行者に貸し出すサイトに関して報じられていました。

この話、実は皆さんにとって実に学ぶことがあるんです。

 

 

ただ新聞に掲載されている空き家の利用に関しては良い話だと思います。

実際に外国人の旅行者数は圧倒的に増えています。

この中で多様な選択肢が増えていくというのは良い事です。

さらに、外国人旅行者の落とすお金が多くの皆様に回るというのは良い事です。

 

 

ただし、新聞内には許認可の問題があるというのが書かれています。

どういうことか?

旅行業の許可を取らないといけないのです。

旅館は旅行業法の許可が必要です。

旅館・ホテルとして業をするのであれば、許可が必要なのです。

また簡易ホテルといわれるもの、素泊まりのホテルです。こちらも簡易宿泊施設としての許可が必要なのです。

でも、ホームステイは・・・?

この違いは「業」としてなのです。

業とは常用的に、金銭を受け取り宿泊させる行為です(簡易な説明です)。

この場合にはいろいろな条件が必要です。

あくまで、ホームステイを受け入れ、お金をもらうのではあれば法律上許可は必要ないということです。

 

 

この辺のことをクリアにしなくてはいけないと思います。

ただ、クリアにしすぎると今度は簡易宿泊施設や旅館ホテル業界をつぶす結果になるのでどのように調整するかがこれからの問題になるです、

皆様も空き家を旅行者に貸したいというときにはこれからの法律に気を付けてください。

 

 

新聞の話を受けての話をここまでしてきました。

しかし、実はここからが私が話したい事なのです。

なぜこんなことが注目されはじめ、新聞などに取り上げられるのか?

 

 

一つは最初に話した外国人旅行者の増加です。(さらにオリンピックですね)

もう一つが日本全体で問題になり始めている空き家問題です。

空き家が増えてきている。

これ皆さんも聞いたこともあるのではないでしょうか?

または皆様の周りでも、実際に空き家が増えてきているのではないでしょうか?

 

 

なぜ、空き家が増えてきているのでしょうか?

それは、固定資産税と相続が関係しています。

皆様はお子様と、または御両親と一緒に暮らしていますか?

一緒に暮らしている場合は空き家にならないでしょう。

 

 

反対に、一緒に住んでいない場合に御両親が亡くなった時に、その家に住めない場合が多くあるのです。

しかも、家も土地も自分のものになったが、売ろうにも売れない。

また売るには家を壊わし、更地にしないと売れない。

この場合に壊すのにかなりのお金がかかります。こうなると売るための資金が必要だが、それがない。

さらに更地にすると、土地の値段は上がるのです。

 

 

更地にすると固定資産税が空き家状態の時よりも上がります。

売るために、お金をかけて家を壊し、壊した後は売れるまでの間に空き家よりも高い固定資産税がかかり、

売れてもさらに税金がかかります。

このようにとにかくお金がかかるため、空き家にしておいたほうが楽ですし、掛かるお金も少ないのが一つの理由です。

 

 

もう一つが、地方の家の場合には相続が決まらないこともあるのです。

よくセミナーでも話すのですが、

長男の方が家を継いでいるとかの場合には問題にならないのです。

しかし、お子様などの相続人が一緒に住んでいない、且つ遠くに住んでいる場合によく揉めるのです。

土地を相続しても住めない、さらに売ろうにも買い手もいないような土地の場合に問題になるのです。

 

 

なぜ??

それはやはり、固定資産税です。

住めない・売れないそんな無駄な土地にもかかわらず固定資産税がかかる。

それでは、残された家族がとにかく相続したくないのオンパレードで、

誰も相続せずに、そのままにされていくということが起きてしまうのです。

 

 

ちなみに、共同所有というのは平等でよいのではと、多くの方が考えがちですが、

実際には管理行為を行うには所有権の半分以上、処分には所有権者全員の賛同が必要です。

管理行為とは賃貸などです。処分とは売却行為です。

このように、共同所有は大変です。

さらに言えば、一次相続(奥様・御主人・お子さんたちへの相続)ならばいいのですが、2次相続、3次相続(お孫さんなどへの相続)の時にはさらに相続人が増えていくのです。そうなると収集がつかなくなるので、共同所有はあまりお勧めできません。

 

 

ですから、最初の話に戻りますが、

空き家の利用方法が増えていけば、相続人が相続をぜずにそのままにすることも減ります。

犯罪の温床になる空き家が減るなど良いのではないかと思うのです。

この話、是非政治家の皆様には早く解決してほしい問題です。

 

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・相続および遺言書・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

 

 

 

PAGE TOP