建設業許可の取得後

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は建設業許可取得後についてのお話です。

無題 (8) 

建設業許可を新規取得した後にすることは

公共工事の入札参加し、元受として仕事を得るか次第で変わります。

入札参加せず

1.  毎年決算のあと5か月以内に事業年度報告書(決算変更)

2. 5年に一度、建設業許可の期限の2か月前から1か月前に更新

 

 

公共工事を受けるため入札参加する場合

1. 決算のあと1か月から1か月半後から経営事項当審査の前段階である評価を受ける。

2. 事業年度報告書提出後、経営事項審査を受ける。ここまで3か月程度までに終了する。

3. 経営事項審査の評価受け取り、それをもとに

4.特定の時期に それぞれの地方公共団体や国の機関の公共工事の入札参加資格を申請し、登録する。そして入札に参加していく。

5.上記を5年繰り返し、建設業許可の期限の2か月前から1か月前の間に建設業許可更新の申請をする。

 

 

上記のように建設業許可を取得後の大変さは公共工事を行うかどうかによります。

また行政書士事務所に依頼するのならば、

その行政書士が何をするのかによります。

例えば安い行政書士事務所は都税事務所に納税証明書をとり行くのをしなかったり、

書類作成を一部社長にさせようとしたりします。

 

 

ですから、

面倒が嫌な場合には安い行政書士に頼むと、

あんまり面倒が減らないなんてこともあります。

 

 

安いで選ぶか、

面倒を少なくしてくれるかで選ぶか、

どっちを大切にするのかが重要です。

当事務所は後者です。でも決して高くないです。

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書

建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ   https://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP