建設業許可 取得タイミング

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今回は建設業許可の取得のタイミングです。

無題 (8)

さて、建設業許可の取得のタイミングとはいつなのか?これは難しい問題です。

先輩の行政書士に聞くと、ひと昔前は500万円を超える工事が行ったときに後から取ったということでした。そもそも500万円を超える工事をするんだから取る。500万円を超える工事がなきゃとらないという道理ですから、よくわかります。

 

 

しかし、現在はどうかというと、

500万円の工事を許可なしですると、指導がはいります。

ということはやはり工事が始まる前までに取得しなければならないのでしょう。

 

 

でも法律を原則通りに守るならば、

許可のない会社が500万円以上の工事の契約をすることすらよくないと解釈もできると思います。

ただ、大きな工事の予定もないのに取得するのはなかなか難しいなぁというのが一般的かなと思います。

 

 

多くの企業は工事の予定が入ったから、または元請けに言われたからという 理由で取得されます。

すから、一般的には取得のタイミングとしては取得してほしいと言われた元請けの工事や500万を超える工事が始まる前までに取得されればよいと思います。

 

 

 

しかし、これからますます建設業許可なしでは商売できない状況になるのではと言われています。

そんな状況ですから、早めの取得をお考えいただくのが、ベストかと思います。

建設業許可を取得できる状況があるならば、早めに取得し、発注先の方が注文しやすい状況を作り出すことが必要だと思います。

建設業許可は要件を満たし、それを証明できれば、なにも難しくありません。

悩んだらご相談ください。

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ https://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP