埼玉県 建設業許可

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は建設業許可の申請の報告です。

 無題 (8)

埼玉県でも建設業許可を受け付けております。

ご興味のある方はどうぞ、まずはご相談ください。

 

埼玉県の建設業許可は少し、

東京都とは違う点が何個かあります。

 

 

建設業取得をしたい方にはあまり関係ないことかもしれません。

ただ、東京で取るか埼玉で取るかという悩みもある方もいると思うので、ご説明します。

東京都は審査官と面と向かって、審査が始まります。

審査を目の前でするので、問題があればその場で説明します。

疑問に思うところがあれば、その場で来て申請者に質問をします。

それに対して、埼玉県は審査官が自身のデスクで資料を見ながら、ダメなところや疑問に思うことを探し、その都度、受付にきて本人に聞いたり、訂正を求めます。

このように、審査の形式から大きく違います。

 

 

さらに、

申請書類も違います。

東京都では経営事項の管理責任者の経験資料や専任技術者の実務経験の資料は1年に1件分のコピーを提出で、毎月分必要年数分を原本提示です。

それに対して埼玉県は毎年毎月分のコピーを提出し、原本を毎月分提示です。

 

ほかにも上げだすと一杯あるのですが、

他のことは許可の要件には関係ないので、言わなくてもよいかと思います。

上記の部分は審査の要件になるので、非常に重要です、

東京の場合には、毎月分を全部審査することはないですが、埼玉は行っているようなので気を付けてほしいです。

 

以上埼玉と東京の違いと埼玉県での建設業許可の申請の報告です。

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ http://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP