許可の取得は必要か?

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は建設業許可が必要かについて、条件や場合でわけて説明したいと思います。

無題 (8) 

 

そもそも、

500万を超える工事を行うから、

または元請から言われたから許可を取得するのです。

 

 

まず、

500万を超えた工事とは

そもそもとして、

建築一式と言われる建物を元請として総合的に工事する場合は、消費税込で1500万円以上の請負金額の工事です。

(ただし、木造住宅の総面積150㎡を超えないものは除く)

建築一式は1500万円以上であり、木造住宅の場合は150㎡を超えるものです。

それ以外の工事は工事請負金額が税込500万円を超えるものです。

 

 そこで、次の場合です。

請負金額が消費抜きで500万円を超えない場合、

税込にすると超えるときは建設業許可を取得する必要があります。

 

さらに次の場合はどうでしょうか?

・デザイン会社が内装デザインの依頼を受け契約し、知り合いの会社に下請けの会社として工事を依頼した。

→この時、重要なのは約内容です。

 デザイン会社が工事請負を契約に入っていて、その工事金額を含んだ金額を売上げとして受け取った場合、たとえ実質的には工事は全投げて下請けの工事会社に依頼していたとしても、それはデザイン会社が工事の請負を発注者から請けているならば、デザイン会社は、工事金額を含めた金額が500万円を超えた時には建設業許可を取得しなくてはいけません。

ただし、契約がデザインのみで、工事は別の契約として下請けとして依頼した会社が発注者であるお客様と直接契約した場合には建設業許可は必要ありません。

 

・内装工事を300万円、ベランダのタイル工事が200万円の時

→この時、契約が一つの場合には工事金額は500万円を超えます。そしてこの工事は内装工事として500万円超える工事として建設業法上は受け取られます。なので500万円を超える工事なので許可が必要です。

今日は

税抜き500万円を超えない工事、デザイン会社が内装工事のデザインの依頼を受けた時、二つの工事で500万円を超える場合の3つで、かなりのボリュームなので、ほかの場合は また別の時に書きます。

またご覧ください。

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ http://www.facebook.com/AraharaGyousho\

PAGE TOP