建設業許可 一般の専任技術者

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は前回に続き、半年たったので建設業許可の要件、専任技術者についてです。

まずは建設業許可の一般を取得するときの専任技術者の要件について説明します。

 無題 (8)

専任技術者の要件は一般か特定かで微妙に違いますが、今回は一般の説明をします。

一般の建設業許可の専任技術者の要件は以下の条件のどれかに該当することです。

 1,取得する建設業許可の業種で、10年以上の期間(月計算で120か月分以上)で工事現場の実務経験を有す。

 

2,取得する建設業許可の業種の要件として認められている資格を有する。 

 

3,高校の指定学科を卒業し5年以上の期間、工事現場での実務経験を有す。または大学・高等専門学校の指定学科を卒業し、3年以上の期間、工事現場での実務経験を有する。

 

 

2についてはそんなに難しくありません。詳しくは都道府県が出している建設業許可の手引きをご覧いただき、対応している資格を有しているかをご確認ください。

 

 

長くなるので、

1と2について次のブログで説明します。

 

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ http://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP