建設業許可Q&A

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は建設業許可のQ&A第3弾です。

無題 (8)

 

良くある質問で、

うちはどの業種かという質問はよくあります。

確かに、うーんというものはあります。

 

 

そこで、次の物はどれか?

1,家のバリアフリー化リフォーム

→これは、1点次第で業種が変わります。

それは、建築確認のあるなしです。

建築確認がある場合には建築一式です。ない場合には内装仕上げ工事です。

金額も許可なしの時、建築確認のない工事ならば500万円以下、建築確認ありならば1500万円以下まではOKです。また木造の場合には150㎡以下はOKです。

 

 

2,ソーラーパネルの設置

→屋根に設置するのか、空いた土地に作るのかで違います。

屋根に設置する場合には屋根工事を取得します。

空いた土地に設置するならば、電気工事です。

 

 

3,複数の工事を行う。

→メインの工事は何かが重要です。メインとなる工事の許可をまずは取得することになります。ただし、メイン工事以外も500万円を超えるときには、その工事も取得してかなければ、ダメです。

例えば、内装工事500万 キッチンリフォームに200万円という時には、内装仕上げ工事と水道施設工事の2種の工事をします。しかし、水道設備工事は500万円を超えてないので、内装のみ取ればよいです。ただ、この時水道工事も500万円を超えるときには取得しといたほうが良いです。付帯工事として処理できますが、あんまりよくないのでやめるべきです。

 

以上、建設業許可のQ$Aでした。

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ http://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP