建設業許可 取得期間

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は建設業許可のどれくらいで取れるの?というお話です。

無題 (8) 

いつも聴かれます。

どのくらいか?これは色々なことで変わります。

次の3点で変わります。

1書類の揃えるのにかかる期間

2都道府県庁の処理期間

3その他付随業務によるもの

 

それぞれ、

1については、書類はお客様で所得できるものは基本的にお客様に取得してもらいます。そも時間によって変わります。また社内資料(定款や社会保険書類、決算や請求書など)の用意する時間で変わります。

 

2については、都道府県の処理期間は月によってだいぶ変わります。また、審査担当がベテランの方か新人かでも違います。5月は1か月きっちり掛かります。それに対し7月や8月などは3週間ぐらいでできるようです(都庁の場合)。

 

3については、社会保険の加入、取締役の変更登記などがあると、その分かかります。

 

 

ですので、お客様によって、1~3の状況により変わりますが、

一応、取得標準機感があります。

当事務所の場合ですが、

申請まで期間

1週間(早い場合)~2週間

審査期間

1か月

 

なので、一般的には1か月と1週間で取得になると思っていただきたいです。

なお、会社設立からの場合には設立登記に2週間、釈迦保険に2週間、許可審査機関に1か月で合計2か月は変わります。と考えていただくのが良いと思います。

 

 

荒原行政書士事務所

電話番号03-3802-0012

お取り扱い業務

相続・遺言書・建設業許可・宅建業免許・会社設立・法人設立・記帳・VISA関連

対応地区

東京都23区(荒川区・足立区・台東区・文京区・北区・葛飾区・千代田区・豊島区・板橋区・江東区・江戸川区・中央区)、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県など

フェイスブックページ http://www.facebook.com/AraharaGyousho

PAGE TOP