建設業許可4

荒川区の行政書士の荒原です。

今日は建設業許可に関する第4弾のお話で、
建設業許可3で書いた通り、前回お話した経営事項の管理責任者の基準の認められにくい部分です。

 

経営事項の管理責任者の基準:事前に要相談なもの

1、経営に関して、取締役から具体的な権限委譲を受け、かつその権限の元、執行役員として5年以上、取得する建設業許可の業種において経営の管理をした(法令の変化により、取得の業種に限られました)

2、7年以上経営業務を補佐した経験(わかりづらいと思いますが、例えば個人事業主の方の確定申告を変わりに行いつづけたなど)

 

こちらはどちらも許可の手引きでは、「事前に係員に相談してください」と書かれています。
つまりは、認められるケースが少ないので、事前に相談が必要だということです。

 

前回と今回からご理解いただけたと思いますが

経営事項の管理責任者は

・取得なされる建設業許可の業種において、5年以上企業の常任役員または個人事業主として経営に関わられた経験

・取得なされる建設業許可の業種とは異なる業種で経営に7年以上関わられた経験

上記の経験が経営事項の管理責任者の主要な条件と言えます。

ただ、本日話した経験をお持ちの方でも一度ご相談ください。

係員の方にご相談の上、お取りなれるかをお伝えします。

 

他の建設業許可に関する説明は、下記をクリックしてご覧ください。

ブログ建設業許可1なぜ建設業許可は必要か
建設業許可2基本
建設業許可3経営事項の管理責任者基準
建設業許可4経営事項の管理責任者基準
建設業許可5専任技術者基準

 

PAGE TOP