株式会社設立

荒川区の行政書士の荒原です。

今回は株式会社設立についてです。

会社設立は司法書士、税理士の先生も行っていますが、行政書士とはどのように違うかをお書きします。

 

司法書士の先生

登記のスペシャリストです。よって会社設立の元々のプロと呼べるのは司法書士の先生かと思います。

会社設立するために登記をすること、それが仕事なのです。

 

税理士の先生
税務のスペシャリストでありますから、会社の成立後の税務に関する処理が中心になるので、

登記の後に必要な税務処理をすることが仕事です。もちろん会社設立もしていただけます。

 

行政書士

私たち行政書士は許認可といった企業の必要な法務処理が中心で、

必要な許認可を取る時など会社設立後を考えて、定款づくりなどの会社設立業務をしています。

 

以上違いがあるのは解っていただけるかと思いますが、ではどこにお任せしたらいいのか?

それぞれ、先生に良さがあるのですが、

行政書士は未来志向の会社設立と言えるのではないでしょうか?

行政書士は会社設立時に許認可をとることを、念頭に入れ、会社を設立し、

さらに会社設立後も許認可を取得し、法務の相談なども行います。

ですから、設立後も考えて依頼される場合には行政書士がよいのではないでしょうか。

PAGE TOP