建設業許可5

荒川区の行政書士の荒原です。

今回は建設業許可に関する第5弾、基準の専任技術者についてです。

 

専任技術者は次の2つ

資格を有する
→2級建築士の資格がおありでしたら、建築一式、大工工事、屋根工事、タイル・ブロック工事、内装仕上工事の一般のみ、専任技術者として認められる。同様に他の資格ならば、他の業種で専任技術者として認められます。

高校の指定学科を卒業後5年以上、または大学・高専・旧専門学校の指定学科を卒業後3年以上の実務経験を有する
→土木工学科のご卒業ならば、5年または3年の実務経験がおありでしら、土木工事またはほ装工事の専任技術者として認められる。他の学科なら3年または5年の実務経験で、ほかの業種で認められます。詳しくは手引きを見てください。

 

この二つに当てはまらない場合には10年以上の実務経験があれば認めれます。

 

もちろん専任技術者の基準を満たす方がいることは証明することになるのですが、

資格をお持ちでしたら、資格証のコピーを書類に添付することで大丈夫です、

ただ実務経験の場合には経験を証明しなければなりません。

ではどのように証明するのか?

 

それは基本的には契約書になります。実際に行った工事の際に、締約した契約書をたいたい年5~6件くらいで、必要な年数分をコピーして添付することになります(確認書類に添付します)

ここで契約の際に、契約書を作ってないという場合には大変です。

ですので、下請けにおいての工事請負契約の時には、口約束でということもあるかと思いますが、是非とも契約書で契約の締結をしてただきたいです。

 

しかし契約書がなければ、専任技術者として認められないかというと、その他の方法もあるこてはあるので、その時にはご相談ください。

 

他の建設業許可についてのブログにご興味がありましたら、下記をクリックしてご覧ください。
ブログ建設業許可1なぜ建設業許可は必要か
建設業許可2基本
建設業許可3経営事項の管理責任者基準
建設業許可4経営事項の管理責任者基準
建設業許可6財産的基礎

 

PAGE TOP