相続2法定相続

荒川区の行政書士の荒原です。

今回は相続のなかでも、法定相続分についてお話しします。

法定相続分とは法律上の相続できる割合のことを言います。

 

遺言書の際に、誰が相続できるかについてはお書きしましたが、順位も相続できる割合と共にお話しします。

相続は以下場合で相続の割合は変わります。

 

1配偶者とお子様が相続人
→配偶者の方とお子様がいらっしゃる場合には相続人は配偶者とお子様が相続人になります。
相続の割合は配偶者の方が半分、もう半分をお子様が分けることになります。
例)奥様とお子様二人が相続人の場合には、まず奥様が半分、残りの半分をお子様二人で分けるので、2分の1×2分の1ですので、お子様一人あたり4分の1ずつにまります。(奥様が2分の1、お子様Aが4分の1、お子様Bが4分の1となります)

 

2配偶者の方とご両親が相続人
→配偶者の方がいらっしゃり、お子様がいらっしゃないが、親御様がぞ存命の場合になります。
相続の割合は奥様が3分の2、ご両親は残りの3分の1をご両親がともにご存命ならば、3分の1を半分ずつに分けます。
例)奥様とご両親お二人が相続人の場合には、奥様が財産の3分の2、ご両親は3分の1を半分ずつ、相続なされるのです。(奥様が3分の2、お父様が6分の1、お母様が6分の1となります)

 

3配偶者の方とご兄弟が相続
→配偶者の方がいらっしゃり、お子様・ご両親がいらっしゃらない。その時にご兄弟がいらっしゃり、ご存命の場合になります。
相続の割合は配偶者の方が4分の3で、残りの4分の1をご兄弟で分けることになります。
例)奥様とご兄弟が2人いらっしゃる場合には、奥様が財産の4分の3を相続し、残りの4分の1をご兄弟で分けるので、4分の1×2分の1で、8分の1ずつ相続なされることになります。(奥様が4分の3、ご兄弟のAが8分の1、Bが8分の1となります)

 

以上のように相続の割合は相続人によって、変わっていきます。

もちろん、配偶者の方しかいらっしゃらない場合には配偶者の方のみが相続なされます。

同様にお子様しかいらっしゃらない場合、ご両親のみの場合、配偶者の方・お子様・ご両親がいらっしゃらず、ご兄弟しかいらっしゃらない場合にも

同じく、その方たちのみが全て相続なされます。

 

これはあくまで法律上の相続の規定になります。

皆様の場合にはそれぞれの場合によって、何を誰が相続なされるかは変わります。

また話し合った結果で、法定相続と異なってもそれは構わないのです。

 

これはあくまで、法律上の決まりであり、現実の相続が法律通りになるとは限りません。

PAGE TOP