東アジア選手権優勝

荒川区の行政書士の荒原です。

今日は1日遅れですが、東アジアカップについて。

 

昨日・一昨日と男子・女子のサッカー日本代表が試合をしました。

共に韓国との熱闘でした。

 

女子は惜しくも負けましたが、男子は見事勝利し優勝でした。

女子はどこか歯車が合わないまま大会を終えてしまいました。

宮間選手の気持ちの強さなど、見所はあったもののうまくいかないときは、いいところはあってもうまくいかないものですね。

女子を見てて、どんなに凄い人とたちでもほんの少しのことで、負けるという勝負事の難しさを改めて思い知りました。

 

男子は見事な優勝でした。

いろいろな批判はあった中で、しっかりと結果を残すこと。

これは素晴らしいです。

 

男子の場合には。試しの場として臨んだのですから、あまり悪い所に目を向けても意味がないと思います。

むしろ良い所に目を向けるべき。

 

では韓国戦では、

やはり、まずは柿谷選手が素晴らしかったです。

2度しかなかったチャンスをしっかりと決める。

これぞエースという活躍だったと思います。

 

「決めるべきところを決める」口で言うのは簡単ですが、難しいです。

それをできるという強さがさらに日本を強くするのではないでしょうか。

 

続いて、栗原選手です。

栗原選手は昨日の試合は素晴らしかったです。

一つ一つ丁寧に仕事をこなす。

気持ちと行動でチーム鼓舞するというような立ち姿は本当に良かった。

 

さらに、原口選手です。

前半は中々ボールが来ず、焦れる部分もあったと思います。

中々思う通りにことが運ばないなか、たった一度のチャンスに自身の武器であるドリブルは高い精度でした。

ああいう場面でしかっりと実力を出せる強さは正にプロといったところです。

 

チーム全体として、昨日の試合は強さと気持ちの両方で素晴らしかったです。

決して、よいパフォーマンスとは言えないかもしれませんが、強いとはこういう試合を落とさないことを言うような気がします。

 

最後に東アジアカップを通して、ぜひ日本代表に定着してほしいと思う選手は

柿谷選手・豊田選手・徳永選手は入ってほしいですね。

鹿島アントラーズのファンとしては大迫選手も入ってほしいのです・・・・。

PAGE TOP