記帳会計:税制の改正

荒川区の行政書士の荒原です。

今回は記帳会計についてお話します。

 

皆様はご存知でしょうか?

平成26年から、個人事業主の方でも記帳及び帳簿の保存が義務化されます。

 

今までは白色申告の場合には一定額までは帳簿の作成保存は必要がありませんでした。

しかし、来年の平成26年には全ての方が記帳の作成保存が義務化されます。

 

それでも白色申告で税の申告をすることが意味があるのか?

私は青色の方がよいと思います。

 

今までは、税理士の方に税の申告を頼み、また帳簿を作成するという面倒を考えれば、白色の方がいいと考える方もいらっしゃったかと思います。

しかし、帳簿を作成すれば、個人事業主の方の決算・税の申告はほぼできたも同然です。

 

でしたら、白色では所得控除(税金がかかる収入を本来よりも少なくできること)はないですが、

青色で、貸借対照表・損益計算書を作成し、申告すれば65万円の控除が受けれます。

つまりは、65万×税率を税金の支払いが減るということです。

 

しかしながら、それだけではありません。

さらに、健康保険も所得によって健康保険料は変わります。

ゆえに、330万円以下の収入の方でも、10万近い税金を節税できるのです。

330万以上1000万以下の方は20万近く

1000万以上なら30万近く減ります。

 

だとしたら、青色申告に変えるのは今ではないでしょうか?

どうせ記帳をしなければならないのであれば、いっそ青色申告してみることをお勧めします

PAGE TOP