スポーツ

荒川区の行政書士の荒原です。

先週の週末はスポーツ祭と言えるくらい、スポーツばかりだったですね、

 

女子マラソンは福士選手の激走。

福士選手は凄かったなぁ。

モスクワは暑いらしいですが、その中で粘り強い走りで銅メダルの激走でした。

 

また桐生選手・山縣選手の100mのスプリントの戦い、

残念ながら予選敗退でしたが、これから先を期待したいです。

二人ともまだまだ若いのにもかかわらず、ものすごい期待を受けプレッシャーの中、頑張ってらっしゃいました。

 

そして、10000mの新谷選手。

レース中ずっと1位をキープし、最後は負けましたが5位と大健闘でした。

新谷選手は悔しそうで泣いてらっしゃいましたが、私は感動しました。

 

ここまでは世界陸上の話でしたが、

趣味のプロレスはG1クライマックスは内藤選手の優勝!

怪我を乗り越え、内藤選手にとって壁として立ちはだかっていた棚橋選手を倒し、復活の初優勝。

 

スポーツ選手にはそれぞれ、ストーリーがある。

それは誰にもあるものですが、乗り越えた壁が大きいほど感動を呼び、多くの人に力を与える。

スポーツの力って、たまにすごい事が本当にありますよね。

 

何だか明日も頑張ろうって力をもらう。

影響されやすいですかね???

でもいいです。なんと言われようと感動できることはいいことだ信じ、また今日から頑張ります。

 

PAGE TOP