遺言書3自筆遺言書

荒川区の行政書士の荒原です

今日は遺言書の種類についてお話させていただきます。

 

遺言書を書こうとお考えの皆様、遺言書の種類は知っていらっしゃるでしょうか?

遺言書には3種類あり、

自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言です。

 

このうち、秘密遺言はほとんど使われないものです。

テレビなどで、秘密遺言の形式で弁護士の方が明けるというケースはたまに見られますが、一般的には使われません。

 

そこで今回は自筆遺言についてお話しします。

まず自筆遺言ですが、これは自身で遺言書を書き、自身で保存するものになります。

遺言書の基本形式です。

 

自筆遺言書の場合にお気を付けていただきたいのが2点あります。

まず第一が遺言書には法律で決まっている書き方というのがあることです。

その形式をしっかりと踏まえて書かないと遺言書は無効になり、自筆遺言書をお書きになる場合にプロである法律家が入らないケースも多いので、無効の遺言書になるケースがあるということです。

例えば夫婦連名で書かれたりすると無効になるということなどです。

 

次が、保管場所です。

自筆遺言の場合には、遺言書の場所をご家族といった相続人にお伝たえせずにおくかと思います。

そのため、遺言書が発見されずに相続が行われたり、遺言書を失くしてしまったというケースがよくあります。

またひどいケースでは、故意に相続人の方が遺言書を隠すというようなケースもございます。

 

このような事にお気を付けてなさらないと、せっかくのご意志が反映なされないということがあるのでお気を付けください。

これらの問題点を解決するのが公正証書遺言です。公正証書遺言についてはまた次回にお書きします。

ただ、公正証書遺言というのは自筆と比べ、料金がかかります。

 

主には、公証人への報酬、立会人への報酬、法律家に起案を任せればその報酬と掛かります。

そこは皆様のご判断になってしまいます。

 

私は遺言書を書かれることをお薦めしております。

なぜなら、残されたご家族の方々が皆様が亡くなった後も、皆様の思いを知ることができ、ご家族の方が幸せに暮らせるからです。

 

自筆遺言書を選ぶか、公正証書遺言書を選ぶかは皆様の判断ですが、

できれば、公正証書遺言の方が皆様のご意志が確実に残せることでもあるので、よろしいのではないでしょうか?

PAGE TOP