公正証書遺言書

東京都荒川区の行政書士の荒原です。

今日は先日話していた公正証書遺言書についてです。

 

 

今回は、とりあえず導入のお話です。

公正証書遺言書の利点は前回お話した自筆遺言書との違いで以下の点があります。

1紛失、隠されることがないということ

2形式は公証人の方が書かれるので、間違えがない

ということが大きいです。

 

 

他にも、自筆で必要な検認が必要ないということがあります。

ちなみに検認とは

自筆遺言書を発見した時には、遺言書が偽造などがないことを家庭裁判所に確認してもらうことです。

 

 

以上の利点はありますが、同時に「費用が掛かる」・「手間がかかる}といったデメリットがあります。

ではどのような手順なのか?

 

 

まず。推定相続人(ご自身の財産を相続される可能性のある方)・遺贈を受ける方の調査をします。

さらに相続財産の登記簿・固定資産税評価書を取得し、相続財産の確定をします。

そして、遺言書の内容を決め、公証人の方に伝えます。

ここまでは事前の準備になります・

 

 

準備が終了後、2名の立会人となる方を決めて一緒に公証人役場に行きます。

立会人の立ち合いのもと、公証人の方に書いてもらい、終了です。

 

 

ここまで読んでいただくと、少し大変だなとお感じになるかと思います。

公正証書の場合には是非、当事務所にご依頼ください。

そうしていただければ、お客様からお客様自身の相続に関するお話を聞かせていただき、私の方で相続人の調査、遺贈を受ける方の調査、相続財産の調査を行い、遺言書の起案をし、公証人に伝えるという事前準備を行わせていただきます。

さらに立ち合い人も私で用意します(私と他の行政書士の二人です。共に守秘義務がありますので、プライバシーに関してはご安心ください)。

 

 

お客様には、以下の事のみをしていただきます。

・遺言書を書く際に必要なことを話していただくこと

・起案した遺言書の内容の最終確認

・実際に遺言書の作成のため、公証人役場にいらっしゃること

(公証人役場に行けない方には公証人に出張していただく事もできますが、別途で公証人の出張費用が掛かります)

 

 

以上、公正証書遺言書について書かせていただきましたが、どうでしょうか?

公正証書遺言書の方が、折角残したお客様ご自身の意思をしっかりと伝えられまし、遺言書は公正証書遺言書の方がよいのですが、如何せん大変です。

そこで私共にお任せ下さい。面倒な手間はかかりません。

遺言書を書きたいと思いになった時にはご考慮いただければと思います。

PAGE TOP