公正証書遺言のetc

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は公正証書遺言書の前回お書きしなかったことについてです。

 

公正証書遺言書がメリットがあることは前回ご理解いただけたかと思います。

今回は皆様のご生活の中で、さまざまケースを想定して疑問になりやすい点についてお書きします。

 

<例1>

公正証書遺言にお金がかかりますよね?

答、費用がかかります。公証人の方への報酬と立会人の方への報酬です。(行政書士に頼まないケースです)

→公証人の方への報酬は相続人1人の相続財産が100万円で5000円、200万を超えると7000円、500万を超えると11000円、10000万を超えると17000円・・・・と増えさらに、それぞれの相続人毎に支払います。

それの額の合計に相続財産が1億円までは11000円を足すことになります。

つまり、2000万の相続財産を奥様とお子様1人で相続させることにお決めになられた時に、奥様に1500万、お子様に500万としたと時には、17000円+5000円+11000円で33000円となります。

1000万を超える方は公証人役場連合会のHPをご覧くださるか、私にご連絡ください。財産の確認後、公証人に確認いたします。

さらに立会人の方に報酬を支払います。

 

<例‎2>

病院に入院していて、公証人役場に行けない。

答、公証人の方に出張で来ていただけます。その際には病院の近くの公証人役場にご連絡し、予約することになります。

ただ、事前に公証人の方に遺言の内容と必要な証明書類を提出しなくてはいけないので、私にお任せください。

また、ご病気で字を書くことができない方という場合にも公証人の方が遺言書を作成するので公正証書遺言ならば、遺言書を残すことが可能です。

 

<例3>

立会人はどのように、何人立てればいいの?

答、立会人は相続人になる可能性のない方、遺言書で財産を渡すことのない方です。

つまりは、遺言書と利害関係のない方です。

例えば、ご家族、ご兄弟、ご両親はもちろん立会人にはなれませんし、遺言書で財産を渡すとした友人などもなれません。

ただ、立会人は公証人役場が紹介もしてくます。

立会人の報酬はそれぞれの場合によって変わり、例えばお知り合いならタダということもあると思います。公証人のご紹介の方には支払います。

また立会人はお二人になります。

 

〈例4>

公証人役場はどこに行けばいいの?

答、全国にあります。またどこの公証人役場に行かれても大丈夫です。

公正証書遺言の場合には、「遺言書は存在するか・どこにあるか」は全国のどこの公証人役場からでも問い合わせが可能です。

ですから、どこの公証人役場でも大丈夫です。

ちなみに荒川区の付近ならば、千住と浅草がお近くの公証人役場になります。

 

<例5>

公証人役場に行く前に何を用意すれば、いいのですか?

答、必要な書類は、

1相続財産を証明する書類です。

土地や建物を相続させたいならば、登記簿謄本、固定資産税評価額書

預貯金ならば、通帳が必要になります。

2身分を証明する書類

相続人ならば、相続関係図と戸籍原本など、相続人以外に相続させるならば、その方の住民票や戸籍簿謄本などが必要です。

3遺言書の内容を記した書類(起案です)

4遺言書を書かれるお客様の印鑑証明書

上記のものを用意しないといけません。

 

 

以上簡単ではございましたが、公正証書の疑問に関する答えです。

PAGE TOP