日本代表ガーナ戦

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は日本代表ガーナ戦がありました。

 

 

ガーナはアフリカの強豪ですが、攻撃の数選手が来ないということでいつものガーナではなかったです。

とはいえ、いい試合だったなぁと思います。

ガーナは長い距離を移動しての今日の試合ですから、少し運動量が悪い部分はありました。

その辺では、前半に得点は欲しかったです。

ガーナのいい時間は前半のみだったので、そこで得点し前半から勝てるようなチームになることが大事かなと思います。

 

 

後半は日本の時間が長く、チームとしてもしっかりと勝負しながら最後は個で崩すというのは実によかった。

特に1点目の香川選手の得点は素晴らしかった。

早いプレッシャーで奪い、そこから長友選手と香川選手の二人でサイドを崩し、

そして香川選手が最後はDFとMFの間が空いたスペースを見事に個で突破して、最高のシュート。

 

 

このゴールは本田選手が言う、組織だけでなく最後は個で勝負できることが重要ということを見事に体現するシーンでした。

正に、香川選手の個の力と日本のチーム力の融合です。

 

 

最後になりますが、グアテマラ・ガーナとの2連戦での日本代表に対する感想を・・・。

この2連戦、守備の立て直しが第一の課題と言われていましたが、これに関しては組織としはいいとは思いました。

ただ、相手がコンフェデやウルグアイとは違いましたから、個での部分はまだまだ追試が必要かなとも思います。

もっと強いチームと戦いながら、この部分で経験していくことで、磨いてほしいですね。

 

 

攻撃に関しては継続して少しずつも改善がされてきましたが、まだまだ決めるところの精度はもう少し欲しいです。

特に崩しのパスと最後のシュートはまだまだ改善が必要です。

今日の香川選手のようなプレイが1試合に常に数回出せていくとトップにも勝負できると思います。

 

 

新戦力は柿谷選手・大迫選手ともに全体としてはよい動きをしていて、攻撃のアクセントとしていい動きをしていました。

チームの一員という動きとしては合格ではないでしょうか。

ただ、FWとして点を取るというエゴももっと見たいです。

まだ遠慮があるんでしょうね。

それも時間が解決するのかなとも思います。

 

 

それでも、2連戦はいい試合でした。

久しぶりに気持ち良い試合で、モヤモヤせずに眠れそうです(笑)

PAGE TOP