女子サッカー

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日はサッカー女子がナイジェリアと対戦しましたね。

2-0でなでしこジャパンが勝利ましました。

 

澤選手や近賀選手が復帰して、ナイジェリアに完勝しましたね。

澤選手や近賀選手が入ったことでチームが落ちつきがありましたし、宮間選手が生き々としてとしてプレーしていました。

なでしこにとって、澤選手が入ると守備の面が安定することで宮間選手の良さを引き出します。

これはなでしこには大きいなあと思います。

 

 

それにしても、澤選手はすごいなあと思います。

澤選手の良さはポジショニングですよね。

日本の選手の悪い所で、ディフェンス時に相手選手との距離が遠いんですよね。

 

これは男子にも言えるのですが、

相手← 2m →自分

と2m以上の距離を与えると相手は多くの選択肢を持てる。

そうすると、レベルの高い選手は確実に得点に結びつける攻撃をしてしまう。

 

それに対して澤選手は

相手←1m→澤選手

この距離で守備をすることで、相手がボールを持った瞬間に距離を詰めて選択肢を減らせたり、ボールを取ることができる。

 

日本は裏を取るサッカーが中心なのでそういった守備が主流になっているのと、海外の選手と対戦するときに身体能力で負けないようにするためには距離を保つのがいいとので距離を取ってしまうんだと思います。

しかし海外のレベルの高い選手と対戦すると、これではうまくいかないんですよね。

男子は特にこれで負けています。

そこは経験が必要になります。

澤選手はそういった身体能力や技術でやられないようにする技術を持っているので、近い距離で相手と対峙できるんですよね。

結局のところは高いレベルでの対戦経験が必要で簡単にはできないですが・・・

 

 

たなみに韓国の選手は近い距離でディフェンスは常に勝負するという事を徹底している国です。

ですから、男子はアジアのトップなんですよね。

女子はなでしこが組織力で韓国を圧倒し、トップに立っていますが・・・

 

 

とにかく、日本は女子も男子もトップになるには経験と継続が必要です。

直ぐに強くなる方法はないんだと思います。

これって、何事にも通じることかなと思います。

PAGE TOP