サッカー日本代表

荒川区の行政書士、荒原です。

昨日、サッカー日本代表の試合がありました。

 

 

オランダに2-2という素晴らしい試合でした。

鹿島の大迫選手が1ゴール1アシストという素晴らしい活躍には満足です。

 

 

日本は前半、初めは押していたものの長谷部選手のミスや山口選手のミスで流れが悪くなると、

内田選手のミスで失点。

さらにロッペン選手にサイドからシュートを打たれ2失点。

 

 

しかし、大迫選手のシュートが前半終了間際に決まると、

後半に素晴らしい流れから本田選手のゴールで同点に追いつく。

内容としてはいいと言えるでしょう。

 

 

でも失点シーンは頂けないです。

2点目の失点はファンデルファールト選手の素晴らしいパスによってですから、しょうがない失点でした。

しかし、1失点目は何ともないボールの処理をミスし、失点するするのはダメです。

そもそもその前から、長谷部選手のトラップからの判断ミス、山口選手のミスとミスが連発してきたことで、

流れが悪くなってきたことからなので、いい時こそミスしないようにするのが大事ですね。

 

 

それでも悪い所ばかりでもよくないので、

良い所はまず大迫選手の目処が立ったということです。

柿谷選手がまだまだ完全に機能していない状況で、センターフォワードが決まらない。

そんな中で、大迫選手がセンターをできる所を示したことで、

柿谷選手というオプションに大迫選手という軸を持てたのはいいです。

 

 

もう一つよい所は攻撃の幅です。

逆サイドへの展開というような大きな幅を使った攻撃が多かったのは素晴らしい。

また、攻撃の人数の多さは素晴らしいです。

今まではセンターで少ない人数で崩そうとする展開ばかりで、単調でした。

今回はサイドからセンターに行き、人数をかけ崩す素晴らしい展開を2点目で見せてくれたのは、

実に凄かった。

 

 

日本代表は強くなっていると思える素晴らしい試合でした。

メディアは散々の批判から変わるのでしょうね?

PAGE TOP