荒川コミュニティカレッジ

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は遅くなりましたが、11月28日荒川コミュニティカレッジの講義の様子のレポートです。

 

 

今回は「ワールドカフェ」についてでした。

ワールドカフェって何??

そう思われる方が多いのかと思います。

私も今回初めて知りました。

 

 

どういったものか、簡単に説明するのが難しいのですが、

カフェで話し合うようにお菓子や飲み物を用意して、グループに分かれ、気軽にグループごとのテーマについてお話をする。

その際に1グループにファシリテーター、つまりグループのまとめ役を決め、

そのファシリテーター以外は席の移動しながら、多くのグループでいろいろなテーマを話をする。

 

 

このワールドカフェでは、それぞれの話し合いした内容を模造紙に自由に書いて話合いしていく。

そうすることで、ファシリテーター以外は自由に席を変え、色々なテーマのグループに参加するので、

多くの人の意見がそれぞれのテーマに入ってきます。

その結果、多くも人の意見に触れ、考えもしなかったことに気付く。

 

 

じつにおもしろかったです。

そんな意見もあるのかと気づくことも多かったですし、

模造紙に自由に書いていいことが、まるで小さい時にしたお絵かきのようであり、

友達に送る寄せ書きのような楽しさがありました。

 

 

地域活動として、このワールドカフェが一つ面白いものになるのではとも思います。

そう思ったのですが、

実はもう既に、荒川区に存在します。

 

 

「荒川カフェ」

そういうものが荒川区にも存在します。是非ご興味がございましたら、ご参加してみてはいかがでしょう。

PAGE TOP