合同会社の設立2流れ

ノート

東京都荒川区の行政書士、荒原です。

今日は合同会社の設立の流れについて、当事務所での手続きとその後の手続きについてお話します。

 

当事務所の手続きは定款の作成になります。

電子定款で作成を行います。

そのため、定款に作成する費用として印紙代4万円が掛かりますが、

電子定款で定款を作成すれば、印紙代はかかりません。

ですので、当事務所の報酬のみになります。

 

 

その手続きはどうやって行くのか。

①まずはご面談で細やかな情報をお聞きします。この際に社員に就任予定の全員の印鑑証明をお持ちください。

②そして、会社名に類似した会社がないかを確認します。さらに許認可が必要ではないかも確認いたします。

③定款を作成します。

④登記で提出するCD-Rにコピーし、保管用の定款を2通ほどお渡しします。データもお渡しします。その後についてのお話についてご質問などにお答えします。また会社設立以外のご相談もお受けします。
(これは当事務所のみのサービスになります。安い報酬で行う所では行っておりません)

 

ここまでが当事務所の流れです。この間には合同会社の設立に関するご質問をいつでもお受けします。

もし何かお悩みが起きましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

さて定款が出来たら、次は登記になります。

登記までの流れは

①定款作成後には社員になる、どなたかの名義の通帳を作り、そこにそれぞれの出資を行う額をそれぞれの社員の名義で振り込みます。

②さらに会社の代表印を作成をしてください。

③登記に必要な申請書、付属書類を作成します。さらに申請項目をCDーRにコピーし先ほどの書類と共に持って行きます。

④管轄の法務局出張所に、登記に行きます。

この作業は行政書士は関われない業務になります。そのためご自身で行いたくない方は司法書士にお願いすることになります。

当事務所でご紹介する事もできます。ご相談いただければ、ご紹介もします。

 

 

その後は税務関係と労務関係の提出です。

登記が完了すれば、税務と労務です。

簡単に言えば、

①会社設立したこと・給料を支払う授業員がいること青色申告を行う事を税務署・都税事務所に申告します。

②社会保険の申請と雇用契約を行います。

こちらについては特にお付き合いのある税理士や社会労務保険士がいらっしゃらない場合には当事務所でご紹介します。

 

 

以上が流れになります。

まだ解りにくい点もございますかと思いますが、どうぞお気軽にご相談・ご質問ください。

お電話でのご質問もお受けします。

無題 (5)

 

PAGE TOP