相続・遺言書

遺言書

よく聞かれますが、遺言書を書くタイミングはいつなのか?「気になったとき」だと私は思います。遺言書を書くのは、大変です。それを書こうとすると、途中で止めてしまう方が本当に多いです。
なぜ、やめてしまうのか?
それは、法律や書き方をしっかりと学んで書かないと失敗してしまうからです。そうなると、法律を調べて、書き方を調べてとなると面倒になり、まだ大丈夫かと思う方が多いです。
そこで、当事務所にお任せください。
当事務所ならば、お客様にはどういった遺言書を書くか、どう財産を分けるかという意思表示だけで、その意思通りの遺言書を作れるようにサポートします。

荒原

遺言書の種類

これは、実際に相談の時にもお話しますが。
7種類ほど遺言書はあります。そのうち、4種類は緊急時(船が沈みそうな時や感染症にかかった時など)の遺言になります。ですので、お元気な内に作る遺言書は以下の3点です。

1自筆遺言書

相続・遺言書

ご自身で、手書きで作る遺言書です。 メリットは安く、簡単に作ることができ、かつ、作りかえることもできる。
しかし、遺言書が見つからなかったり、書式を間違えて無効になったりと、書いた遺言書が意味をなくす可能性があります。そのことで、相続人が揉めてしまうこともあります。

2公正証書遺言書

相続・遺言書

公証役場で、公証人に代わりに書いてもらう遺言書です。
メリットは、プロである公証人に書いてもらうので、書式を間違えることはありません。さらに保存も公証役場で行うので、失くすこともありません。
デメリットは、費用が掛かります。自筆はペンと紙と印鑑さえあれば作れるので、費用は掛かりませんが、プロに書いてもらうので、公正証書遺言書は費用が掛かります。さらに書き換えるのも、簡単ではないです。

3秘密遺言書

相続・遺言書

これは自筆遺言書を封印(封筒に入れ印をして、閉じること)し、公証役場で保存してもらう遺言書です。
メリットは秘密にでき、必ず見つけることができるということです。それに対してデメリットは高く、かつ書式の間違いが起きる可能性があることです。
この秘密遺言書はあまり、メリットがない遺言書です。秘密にするだけなら、公正証書遺言書を作り、隠しておけばよいのです。かといって作るのはお客様自身ですから、ミスが起きる可能性があるので、お勧めしません。
公正証書か、自筆遺言書を選ぶべきです。

相続

相続は大変だという方が多いです。
実際に何が大変か?それは相続人の確定と財産の確定と分割です。

相続人の確定(調査)

建設業許可の取得

相続人の調査には、まず被相続人(財産を残し亡くなった方)の戸籍を生れるまで遡り、誰が相続人かを確定する行為です。このとき、被相続人の相続人であると戸籍からわかる方(推定相続人)が全員お元気ならばよいのですが、亡くなっている場合には、その方が亡くなった時までの戸籍を取り、この方の代わりに相続人になるのは誰になるのか?を調べていかなくてはいけません。これを聞くと大変だなと思いませんか?どうぞ当事務にお任せください。

相続財産の確定

建設業許可の取得

相続財産(被相続人が残した財産)がどれかを確定する作業は非常に大変です。さらに法律に照らし合わせた表記を調べてとなるとなかなか大変です。お困りの時はご相談ください。

分割(遺産分割

建設業許可の取得

遺産の分割を相続人全員で協議をします。これを遺産分割協議といいます。そして協議の内容を記した用紙を遺産分割協議書といいます。これに最低限の表記はあります。さらに、協議がうまくいかなければ、裁判所での調停や裁判となります。どうぞお困りの際はご相談ください。裁判や調停はお手伝いできませんが、弁護士の先生も紹介しサポートします。

後に

 お一人様と呼ばれる、老後をお一人でお過ごしの高齢者のサポートをしています。遺言書や死後事務委任契約を行っています。ぜひご相談ください。死後事務委任契約は死後事務委任契約のページをご覧ください。

お問合せ

PAGE TOP