離婚

離婚の種類

離婚は以下の2種類になります。

離婚 

協議離婚 / 裁判離婚

協議離婚とは、話し合って円満に離婚される場合です。実際にはある程度の不満あっても、お互いが条件に納得して離婚になったケースです。
それに対して、裁判離婚は条件や、そもそも離婚すること自体に納得がいかず、もめた場合に裁判所が調停など行い、離婚が適当かどうか?離婚条件はどうするべきか?などを仲裁する場合の離婚になります。

協議離婚

 当事務所では協議離婚のみが扱うことができます。
協議離婚の場合、口約束で条件を付けて離婚することもできます。こういった時には離婚届を出すだけで離婚する場合がこの場合です。
しかし、お子様がいる場合には養育費の支払いや財産分割などをしっかりと書類にしておき、何かあった時の証拠とした方がいいのです。この時に作るのが離婚協議書です。子の離婚協議書の作成を当事務所で承っております。

荒原

離婚で決めるべきポイント

離婚

これはお子様がいるか?両社とも仕事しているか?また、収入の格差はどのくらい感度によって変わります。

一般的に決めるべきポイントは以下のポイントです。

  • 親権(または養育権も)
  • 養育費
  • 財産分与
  • 慰謝料(ある場合のみ)
  • 婚姻中に別居していた場合、生活費用の負担
  • 非親権者(被養育者)のお子様との面会 など

他にも色々な条件がそれぞれの離婚の場合に出てきます。これらの話を聞きたいという場合には、ご相談ください。

協議離婚から裁判離婚に代わった場合

離婚

協議離婚でも、協議中に条件で不一致し、裁判離婚に代わる場合が多々あります。このような場合には、当事務所では、そこまでの費用を日割り計算し費用をいただきますが、弁護士の先生を紹介し、フォローいたします。なかなか弁護士の先生にお知り合いがおらず、当事務所にご相談いただいたというケースが多いと思いますので、弁護士の先生にサポートが代わり、裁判にしっかりと望めるようにサポートします。

お問合せ

PAGE TOP